世界救世教・名古屋お花のプレゼント

3_世界救世教・名古屋お花のプレゼント.jpg

8月30日、フー太郎の名古屋の会員さんの紹介で、世界救世教名古屋の皆さんが、相馬市の4か所の仮設住宅で計500個のプランターに苗木を植えてプレゼントしました。殺風景な仮設がいくらかでも華やげばと、名古屋の市民の皆さんが家庭で苗木を育ててくれました。栃木県鹿沼市の腐葉土から放射能が出たことで、相馬の量販店はどこも培養土の販売を自粛。大型トラックで土と苗を運んでくるという大掛かりな作業でした。「花を植えたくてもお店まで遠いし、重くて運べなかった。本当にうれしい」と喜んでもらいました。

© Copyright 2002-2018 Futaro Fund for Forest. All rights reserved.