ガイガーカウンター寄贈

DSC02324.jpg日本女子大学同窓会「桜楓会」は、相馬の子供たちが放射能に脅えずに健やかに学校生活が送れるようにと、10台、100万円分の放射線測定器を送ってくださいました。5台は相馬市教育委員会管轄の小学校に、1台は相馬東高校に、3台は南相馬市に、そして残り1台はフー太郎の森基金に寄贈されました。

また、フー太郎は高圧洗浄機も寄贈を受けました。家や校舎の外壁を洗浄すると、放射線量が10分の1に下がる実証データがあります。希望に応じて貸し出しや洗浄ボランティアを行います。

© Copyright 2002-2018 Futaro Fund for Forest. All rights reserved.