瓦礫で埋まった側溝掃除

dougu.png
フー太郎の事務局の周辺は、瓦礫に浮かぶ島のようなありさまでしたが、自衛隊の皆様の活躍で、瓦礫も随分無くなって来ました。ただ側溝に詰まった瓦礫は重機では取りきれず、手作業に頼るしかありません。そこで5月5日、ボランティアセンターからの助っ人もあって、地区一斉の側溝掃除を行いました。まだまだ今まで通りとはいきませんが、残った家々には住民も戻ってきて、新たな一歩を踏み出しています。
© Copyright 2002-2018 Futaro Fund for Forest. All rights reserved.