トップページ » 海外事業 » 緑化プロジェクト » 学校での環境教育 » 2008年植林予定樹種一覧

2008年植林予定樹種一覧

樹種アムハラ語樹種名英語表記特徴
1グラビリアグラビリアGrevilla Rubustaプロテア科。オーストラリア原産の常緑高木。乾燥に強く、1500m〜2700mの高地で育つ。
2スキナスモレコンドーバルバレSchinus Molleこしょう科の常緑低木。原産地はインド。葉は楕円形で黄緑色の花を穂状につける。雌雄異株。あらゆる土質に適応。
3アカシア
メレノキソン
オメディラAcasia Mlenoxionまめ科の常緑高木。最大で高さ40mにもなる。アカシアには種類が多く、木材は家具・建築などに用いる。高地の涼しい環境で育つ。
4オレアウェラOlea Africanaもくせい科の常緑高木。エチオピア固有種のオリーブ。
5コルディアアフリカーナワンザCordia Africanaムラサキ科。高さ25m。常緑高木。乾燥に強く、1600m〜2200mの高地でよく育つ。
6ドドネアキツキタDodonea Angustifoliaムクジロ科。顕花植物、通称Hopbush(ホップブッシュ)、乾燥に強く、礫土でも育つ。
7ドビアリスコシムDovyalis Abyssinicaヤナギ科。高さ5〜6mで不規則に成長し鋭い棘を持つ。
8マエサエンビスMaesa Lanceolataギンバイ科(フトモモ科)の常緑低木。2〜9m。
9ルスタロRhsu Etinorrhoeaうるし科の落葉高木。アフリカ原産。樹液は塗料、実はろうの原料となる。触るとかぶれることがある。
10スパソディアスパトリアSpathodieaノウゼンカズラ科。熱帯アフリカ原産、高さ7〜25m。通称Fountain Tree(噴水の木)
11ジャカランダエテベンザJacarandaノウゼンカズラ科。熱帯アメリカ原産、高さ10mの落葉高木。
12アボガドアボガドAvocadoくすのき科の高木。高さ6〜25m。熱帯アメリカ原産。西洋梨ににた形の濃い緑色の実がなる。
13マンゴーマンゴーMangoうるし科の常緑高木。南アジア原産。高さ約20m。
14バナナバナナBananaばしょう科の多年草。高さ2〜4m。葉はばしょうに似る。
15パパイヤパパイヤPapayaパパイア科の常緑高木。熱帯アメリカ原産。茎はやわらかく直径15〜30cm。葉は茎の頂部に集まって生える。ふつう、雌雄異株。
16ユニパージュニペレスJuniperus Proceraひのき科の常緑低木。丘陵地などの日当たりのよい場所に自生。葉は針状で、三枚ずつ輪生する。果実は球状で黒く熟し、利尿剤とされる。材は建築・器具用。
17カズアリナシシュワCasuarina Equistifoliaヒクイドリ科の常緑高木。高さ6〜35m。

ジェバ、ゼイツゥン、シェフェロウは、メダゲ農園、シムシャハ農園で生産をしていない為、植樹予定なし。

© Copyright 2002-2018 Futaro Fund for Forest. All rights reserved.